カローラクロスとヤリスクロスを徹底比較!どっちがおすすめ?

カローラクロスのサイズ

2021年9月に新発売されたのが、カローラシリーズ初のSUV「カローラクロス」です。

このカローラクロスは、新型車の中で最も注目度の高い車種です。

トヨタのSUVのラインナップには、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」も存在します。

どっちを購入したらいいか悩む人も多いですよね。

そこで、それぞれの最上級グレードの「カローラクロス/ハイブリッド Z」と「ヤリスクロス/ハイブリッド Z」のを徹底比較していきます。

目次

カローラクロスとヤリスクロスのサイズを比較

カローラクロス_比較

引用:https://toyota.jp/corollacross/

カローラクロスとヤリスクロスのボディサイズを見ていきましょう。

カローラクロスのサイズ

カローラクロス

引用:https://toyota.jp/corollacross/

カローラクロスのボディサイズは、全長4990mm×全幅1825mm×全高1620mmです。

グローバルカーがゆえに大きく感じます。

ヤリスクロスのサイズ

ヤリスクロス_サイズ

引用:https://toyota.jp/yariscross/

ボディサイズは、全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmです。

全長が240mm、全幅70mm上回っているため3ナンバー車になります。

カローラクロスとヤリスクロスのサイズを比較

全長 全幅 全高
カローラクロス 4490mm 1825mm 1620mm
ヤリスクロス 4180mm 1765mm 1590mm

カローラクロスのほうがヤリスクロスよりも大きなボディサイズです。

全長は310mm、全幅は60mm、全高は30mmとカローラクロスの方が大きいです。

カローラクロスのサイズのメリット

カローラクロスは、ヤリスクロスよりも車高が高い分、視界がよいのがメリットです。

また、フロントAピラーとスッキリしたインパネによって、見切りが良いために運転もしやすいです。

カローラクロスのサイズのデメリット

カローラクロスは、ボディサイズが大きいので、周辺道路や駐車場が狭い場合は運転にしにくいと感じる人かもしれません。

しかし、最小回転半径は5.2mとヤリスクロスより0.1mと小回りが効きます。

また、視界がよく見切りもいいので、運転が苦手な人や女性の人でも安心して運転することができます。

カローラクロスとヤリスクロスの燃費を比較

ヤリスクロス_比較

引用:https://toyota.jp/yariscross/

車選びの条件として、燃費は欠かせない項目の1つです。

気になるカローラクロスとヤリスクロスの燃費を見ていきましょう。

カローラクロスの燃費

カローラクロス燃費

引用:https://toyota.jp/corollacross/feature/

カローラクロス「HYBRID Z」では、WLTCモードで26.2㎞/Lを達成しています。

ヤリスクロスの燃費

ヤリスクロス_燃費

引用:https://toyota.jp/yariscross/feature/

ヤリスクロス「HYBRID Z」では、 WLTCモードで27.8㎞/Lを達成しています。

カローラクロスとヤリスクロスの燃費比較

排気量 燃費 車両重量
カローラクロス 1,797cc 26.2㎞/L 1,410g
ヤリスクロス 1,490cc 27.8㎞/L 1,190g

燃費((WLTCモード))は、カローラクロスが26.2㎞/L、ヤリスクロスが27.8㎞/Lとなります。

カローラクロスの燃費面のメリット

カローラクロスは、単純な燃費比較では、燃費面のメリットはありません。

ただ、SUVクラスで、26.2㎞/Lというのは、低燃費の車ということができます。

また、カローラクロスのエンジンは、1.8Lとヤリスクロスよりも大きなエンジンを搭載しています。

しかも、プリウスにも搭載しているハイブリットシステムを搭載しています。

そのために、Super CVT-iの採用により変速ショックがなく、加速時にモーターが気持ちよくアシストすることで力強く走れます。

静粛性となめらかな走行感を可能にした上で、SUVクラスでも26.2㎞/Lの低燃費を実現しています。

カローラクロスの燃費面のデメリット

ヤリスクロスは、WLTCモードで27.8㎞/Lの燃費です。

これは、カローラクロスに比べて1.6㎞/Lだけ燃費がいい結果になりました。

しかし、差が、1.6㎞/Lであれば、それほど大きなデメリットではないんです。

その理由をまとめていきます。

燃費の差がデメリットにならない理由は?

燃費で気になるのは、ガソリン代ですよね。

カローラクロスのガソリンを満タンにすると36L入ります。

36Lで「943.2km」走行できる計算になります。

一方のヤリスクロスの場合は、36Lで、「1000.8㎞」走行できる計算になります。

この差は、「57.6㎞」ですよね。

26.2㎞/Lのカローラクロスなら、「57.6㎞」を約2Lあれば走ることができます。

1L=160円とすれば、320円という計算になります。

燃費の差は、1回あたりで、320円ということになるんです。

320円なら、それほど大きな差ではないということもできそうです。

カローラクロスとヤリスクロスの価格を比較

カローラクロスとヤリスクロス比較

次は、カローラクロスとヤリスクロスの価格について比較していきます。

カローラクロスの価格

最上級モデル

カローラクロスの車両本体価格は、1,999,000~3,199,000円(税込)です。

「HYBRID Z」2,990,000円(税込)となります。

ヤリスクロスの価格

ハイブリッドZ

引用:https://toyota.jp/pages/contents/yariscross/

ヤリスクロスの車両本体価格は、1,798,000円~2,815,000円(税込)です。

「HYBRID Z」2,584,000円(税込)となります。

カローラクロスとヤリスクロスの価格比較

車両本体価格
カローラクロス 2,990,000円(税込)
ヤリスクロス 2,584,000円(税込)

カローラクロス「HYBRID Z」とヤリスクロス「HYBRID Z」の価格差は、406,000円です。

カローラクロスのほうが、車両価格は高めです。

カローラクロスの価格は高い?

価格だけを比較するとカローラクロスの方が、約40万円高い結果となりました。

しかし、カローラクロスのエンジンは、1.8Lでヤリスクロスよりも大きなエンジンを搭載しています。

両車種ともハイブリッドを搭載していますが、動力性能から見てもカローラクロスの方がおすすめです。

この40万円の差で、排気量のアップや車格・車内空間が広くなる点は、魅力的ではないでしょうか。

単純に価格だけを比較するとヤリスクロスの方が安いのですが、性能面を考慮するとカローラクロスの方がお得感がありますよね。

カローラクロスとヤリスクロスを徹底比較!どっちがおすすめ?のまとめ

カローラクロスとヤリスクロスについて比較しました。

サイズ、燃費、価格の3つのポイントについて比較することで、それぞれの車種の差が分かりました。

比較した結果としては、性能面を重視するならカローラクロスの方が、おすすめでした。

単純に燃費性能だけで比較すると、ヤリスクロスの方がいい結果がでていますが、それほど大きな差ではないこともわかりました。

どうしても価格を重視したい人でない限りは、カローラクロスの方が、おすすめです。

もし、下取り車がある場合は、中古車査定を試してみたら、カローラクロスに手が届くかもしれませんよ。

引用:https://toyota.jp/corollacross/

 

10年越しの憧れのミニバンを購入!しかも48万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのアクアに乗っていました。

古くなった&家族も増え使い勝手が悪くなり、社会人なりたての頃からの憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格を超えてしまいましたが…奥手な私ですが苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」とお返事を頂きました。

飛び跳ねるように嬉しかった!(自分で交渉できたのもあって!)

 

ただ数分後には、

ゆうこ
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき、

「今乗っていらっしゃるアクアを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたアクアです。

ゆうこ
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…でもよく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とアクアの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

ゆうこ
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

ゆうこ
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のアクアの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

ゆうこ
結局、私のアクアはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

ゆうこ
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

ヤフーグループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちアクアが、

48万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで48万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+48万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が48万円も得した無料査定サービスはこちら

 

 

目次