サンバーディアスの中古車はリコール対策済みかチェック必須!その理由は…?

リコール案内
目次

中古車を買ったらまずはチェック

我が家にやってきたスバルサンバー ディアス スーパーチャージャー。

シェルター(災害時の避難場所)にするためには、故障が無い状態でなければなりません。

しかしながら、中古車であるため、しっかりとした整備手帳が無ければ、過去の整備履歴は知る由もありません。

多くの中古車屋さんでは油脂類や消耗品の状態を納車前にチェックしたうえで、交換が必要なものに関しては交換、修理が必要なものであれば修理をしてくれているものと思います(そうであることを願っています)。

そのうえで私たちが出来ることはリコールが出ているか否かのチェックです。

リコールとはメーカーが行う「無料修理」のことです。

それでは早速チェックしてみましょう。

メーカーサイトでリコール履歴をチェック

車検証を準備し、スバルのリコール等情報対象車両検索ページへ。

http://recall.fhi.co.jp/lqsb/

このページで車台番号を入力し、検索ボタンを押します。

スバル リコール情報検索

 

そうすると結果が表示されます。

スバル リコール情報検索結果

我が家のサンバーはしっかりとリコール対策が行われていました(ホッ)。

リコールはご自身の車にとって危険を伴うレベルの物もありますので、軽視せずご確認されることをおすすめします。

その上でご自分のお車が未対策の場合はお近くのディーラーもしくは整備工場(認証工場)に相談されると良いと思います。

 

基本的にリコールはメーカーがその費用を負担して危険な箇所等を修理してくれるものです。

重大な事故を未然に防ぐためにメーカーが行うものですので、その重要性を理解しないといけません。

エアバッグのリコールは大丈夫か

リコール対策が完了しているかチェック出来た我が家のサンバーディアス スーパーチャージャー。

次にニュースでもずいぶん騒がれていたタカタ製エアバッグのリコール対象になっていないかチェックしてみます。

実際にタカタ製エアバッグの誤作動による死亡事故が起こっていますし、リコールで修理していない場合、車検にも通りません。

残念ながらこの問題でタカタ株式会社は倒産してしまいました。

倒産後も、今度はシートベルトのデータ改ざんがあったのではないかというニュースも出ていました。

企業体質によるものかもしれませんが、シートベルトやエアバッグは事故の際に命を守るべき重要な部品であることを忘れてはならないと思います。

今、私たちにできることはタカタ製エアバッグのリコール対象であればすぐにでも修理することです。

こちらもしっかりチェックしておきたいものです。

メーカーサイトでタカタ製エアバッグリコール対象かチェック

http://recall.fhi.co.jp/lqsb/

右上の丸で囲んだ『Takata Air Bag Recalls Lookup』というボタンを押して当該ページを開きます。
タカタ製エアバッグ リコール検索

そして、リコール情報検索と同様に車台番号を入力しSEARCHボタンをクリックします。

タカタ製エアバッグ 車台番号入力して検索

そうすると・・・

タカタ製エアバッグ リコール検索結果

 

Not affected by Takata airbag recalls.』これはあなたの車は『タカタ製エアバッグリコールの影響を受けません。』ということみたいです。

我が家のサンバーディアス スーパーチャージャーはタカタ製エアバッグのリコール対象ではないことがわかりホッとしました。

シェルター仕様として一つ課題をクリアしました。

皆様も一度チェックされてはいかがでしょうか。

メーカー別(国産車・輸入車)リコール情報検索ページ早見表

メーカー別(国産車・輸入車)にリコール情報検索ページをまとめてみました。

全メーカー一括検索サイトでは対象車か否かを確認できるにとどまりますが、
メーカーサイトで検索をすれば現在の修理状況まで確認できる場合もあります。

また、リコール情報検索ページからタカタ製エアバッグに関するリコールも同時に検索できるメーカーもあります。

 

国産車

 

輸入車

目次